久保建英、あの元神童を餌食にした「鬼ボールキープ」がこれ

©株式会社コリー

マジョルカで先発出場を続けている日本代表MF久保建英。ラ・リーガ36節セビージャ戦でもスタメン起用された。

強豪相手に86分間プレーした久保は、あの元神童相手にこんな圧巻テクニックを見せつけていたぞ(以下動画2分50秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

2人を寄せ付けない圧巻のボールテク!

相手の注意を引き寄せ、チャンスメイクして見せた。久保に完全に抜き去られたセビージャの21番は元神童オリベル・トーレスだ。

【関連記事】「10代で衝撃デビューした逸材10人と彼らのその後」

ただ、チームは2-0で敗戦。ビセンテ・モレノ監督は、選手たちは多大なる尽力をしてくれたが…とこぼしていた。

降格圏の19位に沈むマジョルカは、残り2試合で残留圏まで勝点差が3ポイントある。