メル・ギブソン×ショーン・ペン初共演作は「世界最大の辞典」誕生の物語

©株式会社近代映画社

メル・ギブソンとショーン・ペンが初共演を果たした話題作「The Professor and The Madman」が、邦題『博士と狂人』に決定し、2020年10 月16 日(金)より全国ロードショーすることが決まりました。

史上最大にして最高の辞典を作った男たちの驚きと感動の実話

初版発行まで70 年以上の歳月を費やし、世界最高峰と称される「オックスフォード英語大辞典」。世界に冠たる辞典の礎を築いたのは、“異端の学者”と“殺人犯”だった。本作『博士と狂人』は、この驚くべき事実をドラマチックに描いたノンフィクション本待望の映画化だ。

貧しい家に生まれ学士号を持たない学者マレーと、エリートながら精神を病んだアメリカ人の元軍医マイナー。辞典づくりという壮大なロマンを共有し、異端の天才たちふたりは固い絆で結ばれていく。

だが、大英帝国の威信をかけた一大事業に犯罪者が協力していることが明るみになるとプロジェクトは暗礁に乗り上げ、ついには、時の内務大臣ウィンストン・チャーチルや王室をも巻き込んでいくことになるのだが――。

アメリカでベストセラ―となった原作の映画化に真っ先に名乗りを上げたのが、マレー博士を演じるメル・ギブソン。ハリウッドの問題児だったが、監督作『ハクソー・リッジ』(16)でアカデミー賞®6部門にノミネートされるなど、完全カムバック。『博士と狂人』の映画化には実に20 年以上を費やし、情熱を傾けてきた。

対するマイナーには、『ミスティック・リバー』と『ミルク』で、二度のアカデミー賞®主演男優賞を受賞した名優ショーン・ペンが扮している。長年ハリウッドの第一線で活躍し続けてきたベテラン俳優同士だが、これが意外にも初共演となる。

また、名バイプレーヤーたちが脇を固めており、『ゲーム・オブ・スローンズ』のナタリー・ドーマー、ガイ・リッチー監督『シャーロック・ホームズ』や『おみおくりの作法』で知られるエディ・マーサン、オックスフォード大学で孤立するマレーを支え続けた言語学者をスティーヴ・クーガンが演じている。

博士と狂人
2020年10/16(⾦)、ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー
配給:ポニーキャニオン
© 2018 Definition Delaware, LLC. All Rights Reserved.