⚾秋王者の近大高専

初戦敗退 三重大会制覇ならず

©三重テレビ放送

三重県高校野球夏季大会2日目の12日。県内3つの球場で1回戦8試合が行われました。

県営松阪球場の第1試合。昨年秋の大会ベスト4の松阪商業と松阪工業の地元2校が対戦。

2回裏、松阪工業は糀谷がレフトオーバーのツーベースヒットでチャンスを作ると6番砂田。松阪工業が先制します。

追い付きたい松阪商業は3回表、ツーアウト3塁とすると、東が左中間を破るタイムリースリーベースヒットで同点。

その後も途中から出場の北村が満塁ホームランを放つなど松阪工業を突き放し、8回コールドで初戦を突破しました。

ダイムスタジアム伊勢の第1試合。秋の王者近大高専と津工業の一戦。

近大高専は、1回に先制すると2回にも得点し、3対0と津工業を突き放します。

一方、津工業は7回に1点差とすると、続く8回。ヒットとフォアボールなどで1アウト満塁。迎えるのは4番・菅。逆転満塁ホームラン、主砲の一振りで試合をひっくり返しました。

津工業は、3回以降近大高専の打線を0に抑え、結局6対3で2回戦進出です。

近大高専は、秋に続く三重大会制覇とはなりませんでした。