消毒用アルコールの安全な取り扱いについて

©株式会社VOTE FOR

新型コロナウイルス感染症を予防するため、手指の消毒などに消毒用アルコールを使用する機会が増えています。
アルコール度数が60%以上の消毒用アルコールは、消防法上の危険物(第4類アルコール類)に該当し、発生する可燃性蒸気は引火しやすい性質があります。貯蔵・取り扱いの際は、次のことに注意しましょう。

・火気の近くで使用するのはやめましょう!
・詰め替えは、換気ができる通気性の良い場所で行いましょう!
・直射日光が当たる場所に保管するのはやめましょう!

※消防法上の危険物に該当する消毒用アルコールを、80リットル以上貯蔵・取り扱う場合は、消防署に届け出または申請が必要です。