『こじらせ王太子と約束の姫君』のコミカライズ企画が進行中 おてんば王女とこじらせ王太子のうずキュン王宮ファンタジー

©株式会社Days

ツギクルブックス刊『こじらせ王太子と約束の姫君』のコミカライズ企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、隣国から国を守るために大国からの縁談を受けることにしたおてんば王女と、無理難題を突き付けた想い人のいる王太子の二人が贈る王宮ファンタジーを描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。のんびり自由な王女とこじらせ王太子によるうずうずキュンキュンファンタジーが漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

小さな公国でのんびり自由に育ったレイリア。ある日、自国の金鉱脈目当てに圧力をかける隣国から国を守るため、別の大国の王太子との縁談を受けることに。しかし、その王太子には想い人がいて、レイリアに「当分は婚約者とする」「公の場に出るな」「隣国との問題が解決次第、婚約解消とする」などの過酷な十項目の条件を突きつけてきた。「良かったわ。殿下に気を使う必要もないし」なんて気楽に考えていたら、殿下の態度がどんどん変わってきて……。謎めいた王族とおてんばな王女が繰り広げる、うずうずキュンキュン異世界王宮ファンタジー。

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載時期などの詳細は今後の続報を待ちたい。コミカライズ企画が進行するこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『こじらせ王太子と約束の姫君』は、ツギクルブックスより第1巻が発売中。


[関連サイト]

ツギクルブックス公式サイト

©栗須まり/ツギクル イラスト:村上ゆいち