大手2行の4人コロナ感染

三井住友と三菱UFJ

©一般社団法人共同通信社

 三井住友銀行は13日、本店(東京)と東神奈川支店(横浜市)に勤務する行員計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。三菱UFJ銀行も同日、本店(東京)の1人が感染したと公表。両行は職場の消毒作業を実施しており、営業は継続する。

 三井住友銀の3人のうち2人は本店の同じ部署で勤務。風邪や発熱の症状があり、11日に感染と診断された。東神奈川支店の1人は9日に判明した。3人はいずれも面談などでの客との接触はなかったという。

 三菱UFJ銀の1人は12日に陽性と判明。顧客と接点のある業務だが、保健所の調査で客に濃厚接触者はいなかったことが確認されたという。