ジョン・トラヴォルタ夫人でもある女優ケリー・プレストンが57歳で死去

©株式会社近代映画社

『ツインズ』などに出演した女優のケリー・プレストンが死去。彼女はジョン・トラヴォルタ夫人としても知られている。

ケリー・プレストンは乳がんで二年ほど闘病していたが、12日に57歳で亡くなったことをトラヴォルタがインスタで報告した。

ケリーは「クリスティーン」「スペースキャンプ」「サマーデイズ」「ツインズ」など80年代のアイドル女優として活躍。85年に一度別の男性と結婚したが、91年にトラヴォルタと再婚。トラヴォルタとは「バトルフィールド・アース」「ギャング・イン・ニューヨーク」などで共演している。ほかに「ザ・エージェント」「恋におぼれて」「ハッピーフライト」などに出演。

トラヴォルタとの間に三人の子供がいるが、長男ジェットくんは09年に事故で死亡。トラヴォルタと結婚する前に一時チャーリー・シーンと付き合っていたこともある。

トラヴォルタは『ケリーの人生と愛情はこれからも常に記憶されていきます』とメッセージを披露している。