保育士の賃金カット相次ぐ

コロナ影響、労組が対策要請

©一般社団法人共同通信社

記者会見する労働組合「介護・保育ユニオン」の三浦かおり共同代表(右)ら=13日午後、東京都千代田区

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い臨時休園した保育所で、保育士の賃金を不適切にカットする事例が相次いでいるとして、労働組合「介護・保育ユニオン」は13日、内閣府に対策を求める要請書を提出した。労組は東京都内で記者会見し「今後、第2波が来て休園が相次ぐと再び賃金カットが繰り返される恐れがある」と強調した。

 ユニオンによると、4~6月に保育士らから休業中の賃金に関して寄せられた242件の相談のうち、約98%が賃金をカットされ、全く休業補償のなかった人も約56%に上った。