相撲協会、中川親方を2階級降格

部屋閉鎖、暴力や暴言で

©一般社団法人共同通信社

 日本相撲協会は13日、東京都墨田区の両国国技館で開いた臨時理事会で、中川親方(54)=元幕内旭里、本名増田憲治、大阪府出身=の弟子3人に対する暴力や暴言を認定し、委員から年寄への2階級降格処分を決めた。川崎市にある中川部屋は閉鎖となり、同親方や力士は他の部屋に移籍する。年寄は親方衆の序列で、再雇用者の参与を除き最下位。

 相撲協会によると、3月の春場所中にタクシーで居眠りした弟子に対し宿舎で腹を3回蹴り、胸部を拳で2度殴るなど複数回の暴力があった。弟子に不手際があった際には「殺すぞ」など暴言を日常的に繰り返した。