中高生対象のプログラミングキャンプ「G's ACADEMY YOUTH CAMP」が8月に開催、今年のゲストは西村惟さん

©株式会社翔泳社

デジタルハリウッドが運営する、起業家・エンジニア養成のプログラミングスクール「G's ACADEMY(ジーズアカデミー)」は、中高生を対象としたプログラミングキャンプ「G's ACADEMY YOUTH CAMP(以下、YOUTH CAMP)」を8月10日~13日の4日間にわたり開催する。

「YOUTH CAMP」は、多くの起業家やエンジニアを輩出してきた社会人向けプログラミングスクール「G’s ACADEMY」が運営する、中高生向けの4日間集中プログラミングキャンプ。学習する言語は、HTMLとCSS、JavaScript。

「YOUTH CAMP」では、普段「G’s ACADEMY」で講義を行っている講師が直接指導するほか、学生クリエイターによる講演会も開催される。今年は「LINE BOOT AWARDS 2018」グランプリ、2018年度「未踏ジュニアスーパークリエイター」認定者の西村惟さんが登壇し、プログラミングをツールとして使用して問題を解決していくことや、自らの将来を切り開いていくことなどについて講演を行う。

また、最終日には参加者が開発したオリジナルのWebアプリケーションのプレゼンテーションと、修了証の贈呈が行われる。

開催日時は8月10日~13日の10時~18時(最終日のみ終了時刻が早まる可能性がある)。対象は7月時点で中学1年生~高校3年生の人。受講料はPC持ち込みの場合は3万9800円で、PCをレンタルする場合は受講料のほかに7500円が必要となる(いずれも税別)。

なお現在「G’s ACADEMY」の校舎では新型コロナウイルス感染防止対策を行っており、スタッフ・講師・チューターはマスクを着用し、テーブルの上にはアクリル板が設置されている。