ドイツでがん手術5万件が延期に

コロナ対応優先、「深刻事態も」

©一般社団法人共同通信社

 【ベルリン共同】がん患者の支援や啓発活動などを行うドイツがん支援協会は13日、3月中旬から6月末までに国内で予定された約5万件のがん手術が延期になったとの推計を明らかにした。新型コロナウイルス感染患者への対応が優先されたためで、がんの診察や検診が先送りされた例も相次いだという。協会は「今後、致命的な事態が起きる恐れがある」と警告している。

 がん関係では手術延期のほか、乳がん手術後の検査が繰り延べになったケースもあったという。がん支援協会の広報担当者は「がんの早期発見のための診察や検診が先送りされた。その影響を特に懸念している」と述べた。