検事総長に林氏、信頼回復が課題

閣議決定、発令は17日付

©一般社団法人共同通信社

林真琴氏(左)、稲田伸夫氏

 政府は14日の閣議で、検事総長に林真琴東京高検検事長(62)を充てる人事を決めた。稲田伸夫検事総長(63)は退官する。次期検事総長候補だった黒川弘務前東京高検検事長(63)が賭けマージャン問題で5月に辞職。法務・検察への国民の信頼は大きく揺らいでおり、組織の立て直しが課題となる。

 東京高検検事長には堺徹次長検事(61)、次長検事には落合義和最高検刑事部長(60)をそれぞれ起用する。発令はいずれも17日付。

 林氏は愛知県出身。東大を卒業し1983年に任官した。司法修習同期の黒川氏と共に、早くから総長レースの本命と目され、法務省人事課長や刑事局長を歴任した。