「熱中症」は予防できる!

©株式会社VOTE FOR

新型コロナウイルス感染症対策として、「新しい生活様式」が取り入れられ、マスクを着用して過ごすことが多くなりました。一方で、「今年の夏は例年より気温が高くなる」とも予想されており、熱中症対策も欠かせません。熱中症発生がピークとなる7月、8月。今年の夏は、「新型コロナウイルス感染症対策」と同時に、「熱中症対策」に意識して取り組み、みんなで暑い夏を乗り切りましょう。

■マスクをつけると熱中症リスクが上昇?!
人は気温が高くなると、汗をかいたり呼吸をしたりして、冷えた空気を体内に取り込むことで熱を発散して、体温調整を行います。しかし、マスクで顔が覆われていると、呼吸をしても自分の温かい空気しか体内に入ってこないため、熱がこもり、むしろ体温を上昇させてしまう恐れがあります。また、熱を発散しにくいことに加え、マスクにより口の中が加湿され、口の渇きを感じにくくなることで、熱中症への「気付き」も遅くなるといわれています。

■こんな症状があったら熱中症かも
軽度:めまい、立ちくらみ、生あくび、筋肉痛、こむら返り、汗がとまらない
中度:頭痛、はき気、体がだるい、虚脱感、集中力や判断力の低下
重度:体温が高い、けいれん、意識がない、呼びかけに対して返事がおかしい、真っすぐに歩いたり走ったりできない

■熱中症予防のポイント~今年の夏は、「コロナ」と「暑さ」のダブル対策!~
○暑さを避ける
涼しい服装や、換気とエアコン等を上手に活用することで、部屋の温度を調節しましょう。暑い時は無理をしないことも大切です。

○適宜マスクをはずす
屋外で、周囲の人と2メートル程度の十分な距離を確保できる場合は、マスクを適宜はずして、休憩しましょう。

○こまめな水分補給
「喉が渇いたな」と思う前に、こまめに水分補給をしましょう。大量に汗をかいた時は塩分も補給しましょう。

○日ごろからの健康管理
日ごろから体温測定や健康チェックを行い、体調が悪いと感じた時は自宅で静養しましょう。適度に運動して、無理のない範囲で体作りをしましょう。

■みんなで声を掛け合いましょう
体調や暑さへの慣れの違いなど、暑さに対する感じ方は人それぞれです。一人ひとりが体調に気を付けることと同時に、周囲の人と声を掛け合い、熱中症の発生を予防しましょう。特に、熱中症になるリスクが高いとされる高齢者や子どもは、周りが注意深く見守ることが大切です。もしも、周りの人に熱中症の症状が見られたら、慌てずに「涼しい場所に避難させる」「衣服を脱がして、体を冷やす」「水分や塩分を補給する」などの処置を行いましょう。「意識がない」「自分で水が飲めない」ような場合には、すぐに119番通報を行い、救急車を呼びましょう。 熱中症は、適切に予防をすれば防ぐことができます。体調の変化に気を付け、声を掛け合って、みんなで熱中症を予防しましょう。