TBSラジオ 「テンカイズα」にて紹介されたFBモーゲージ株式会社 根石高宏社長の今後のテンカイとは?

©103R株式会社

テンカイズα

この番組は、TBSラジオで放送中「テンカイズ」の番組内だけでは紹介しきれないアツイ人たちをYouTube限定で紹介して行く番組。様々な業界で活躍する人に迫ります。

今回のゲストは、FBモーゲージ株式会社の代表取締役社長・根石高宏さんです。

_____

宇賀なつみ(以下、宇賀):FBモーゲージ株式会社とはどういう会社なのか教えていただけますか?

根石高宏社長(以下、根石):独立行政法人「住宅金融支援機構」が提供している住宅ローン「FLAT35(フラット35)」を扱う、専門の代理店です。銀行だと変動金利とかあるんですけど、「フラット35」は35年間ずっとフラット、全期間の金利が一定になります。不動産業者さんに対し、「ローンでお困りのお客さんがいたらご相談ください」という形でビジネスをしています。

宇賀:なるほど。だから不動産業界の会社ではないわけですね。

根石:そうですね。取引先が不動産業者さんという会社になります。

宇賀;資料に「業界でトップクラスの融資数」とありますね。

根石:何が良かったのかと聞かれると困ってしまうのですが、地道にコツコツということですね。

宇賀:でも、業界でトップですからね。何が良かったのか聞きたくなっちゃいますよね(笑)。

根石:強いて言えば…。「フラット35」はローンで困った方とか、経営者の方だったり、勤続年数が短かったりという方が多いので。「銀行で融資が下りなかったけど、どうしたらいいのか」となった時に、弊社が親身になって応えたうえで、もしウチでダメだった場合でも他の業者を捜して…と、自分たちの身にならなくてもお客さんを第一に考えた提案をするということを心掛けていたのが一番良かったのかなと思います。

宇賀:スポーツ選手の方もお客さんにいらっしゃるんですか?

根石:そうですね。もともと、僕がスポーツ大好きでアスリートのことをすごくリスペクトしているので。スポーツ選手の方々の住宅ローンに携われるというのは、ミーハー心ですごく嬉しいのと、現実問題としてなかなかローンが組めない方が多いので、その時に僕らがお手伝いさせてもらって、サポートをさせてもらっているというところです。

宇賀:どういうところでスポーツ選手はローンを組むのが難しいんですか?

根石:やっぱり、現役生活って限られた時間なので、銀行だと安定的に収入が続くと判断されにくいという傾向がありますね。「フラット35」の場合だと、あくまでも直近2年分とかで評価されるので住宅ローンを組みやすい環境かなと思います。

宇賀:根石さんの今後の「テンカイ」は何でしょうか?

根石:今まで「フラット35」の代理店としてやってきて、不動産会社さんに対して営業をしてきたんですけど、それを飛び越えて、今後は「フラット35」の特徴を生かしたスポーツ業界専門の「フラット35」というものを新たに事業部として立ち上げて、プロモーションをしていこうとしています。

宇賀:スポーツ選手専門…それは既存のものとどう変わるのでしょうか?

根石:まず「スポーツ業界専門」とうたうことによって、そういう専門で扱う事業があるんだと認知していただいて、ローンを組めないと思っていた方でも組めることを知っていただきたい。そのために、日々コツコツとスポーツの球団やクラブなどにアプローチさせてもらっています。

宇賀:なるほど、そういうものがあるって知るだけでも、かなり違いますね。本日は、融資という分野を通じて日本で活躍する人たちを増やす取り組みをしている根石さんをお招きしてお送りしました。ありがとうございました。

テンカイズ

TBSラジオで毎週水曜日よる9時から放送中。

FM905、AM 954、TBSラジオも視聴可能

テンカイズ公式ページ:https://www.tbsradio.jp/488165

Twitter:@TBS_TENKAIZU

FBモーゲージ株式会社

URL:http://fbm35.com/

代表取締役社長:根石高宏

経歴:1980年生まれ。長野県出身。俳優を目指して上京し、演歌歌手のマネジャー業を4年間務めた後、不動産業界へ転身。マンション販売を手がける中で住宅ローンの「フラット35」に出合い、同商品を扱う代理店への転職を経て、2015年9月に独立。FBモーゲージ株式会社の代表取締役社長に就任する。