在沖縄米軍のコロナ対策に問題

防衛省、基地外のホテル立ち入り

©一般社団法人共同通信社

 河野防衛相は14日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)など在日米軍で広がる新型コロナウイルス感染を巡り「米軍の防止対策で、いくつか問題があることが発覚した」と述べた。防衛省は同日、外務省、沖縄県とともに米軍の対応を確認するため、米軍が使用している北谷町にある基地外の民間ホテルに立ち入った。

 河野氏は問題の詳細や具体的な場所について明らかにしなかった。改善の申し入れに対し、米側は「しっかり対応する」と話したという。

 米軍は今月から北谷町内のリゾートホテル1棟を借り上げ、感染対策として県外や海外から赴任してきた海兵隊や家族らを2週間隔離している。