日銀、企業支援策を継続へ

決定会合初日、市場動向を点検

©一般社団法人共同通信社

日銀本店=東京都中央区

 日銀は14日、2日間を予定している金融政策決定会合の初日の討議を行った。新型コロナウイルス感染症の影響に苦しむ企業の資金繰り状況や、金融市場の動向を点検。現行の大規模な金融緩和策や、企業支援策を維持することを15日に決める見通しだ。

 日銀は、企業に融資する金融機関に有利な条件で資金を供給する枠組みを創設、株価を支えるため上場投資信託(ETF)の購入枠拡大を決めた。銀行などの貸し出しは伸びており、金融市場が比較的安定していることから、日銀内には当面は現行の枠組みで対応できるとの見方が多い。

 15日の会合後「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を公表する。