小池都知事が「Go To」への皮肉で「冷房と暖房」という表現を使ったわけ〜辛坊治郎がその発想を解説

©株式会社ニッポン放送

キャスターの辛坊治郎氏が7月14日(火)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府の「Go Toキャンペーン」に対し、小池都知事が「冷房と暖房の両方をかけるようなこと」と発言したことについて持論を語った。

コロナ巡り菅、小池氏舌戦 小池百合子東京都知事 =7月14日、東京都庁 写真提供:共同通信社

「冷房と暖房の両方をかける」という表現は初耳

政府が観光を促進する「Go T0キャンペーン」に賛否両論。小池百合子都知事は13日、「冷房と暖房の両方をかけるようなこと」と皮肉を口にした。

辛坊)小池百合子知事のこの表現には、若干脱帽というか。私は「Go Toキャンペーン」に関して、そこまでネガティブではないのですけれども、「ウェークアップぷらす」(よみうりテレビ/日本テレビ系)という報道番組で先週土曜日、「アクセルとブレーキを両方踏むようなものですよね」という表現をしたのですよ。「アクセルとブレーキを両方踏む」という表現はよくあるのです。ところが、小池さんは「冷房と暖房両方かける」と。この表現は初めて聞きました。

増山さやかアナウンサー)確かに。

辛坊)ここでなぜ「冷房と暖房の両方をかける」と言ったかというと文脈的に、菅官房長官が「今回起きている問題は東京問題だ」ということを“北海道”で言ったというところがポイントです。だから、気温が非常に重要なわけで、その発想で「冷房と暖房」という言葉を使う小池さん。私は滅多に小池さんを褒めることはないのですが、「アクセルとブレーキの両方をかける」と言わずに「冷房と暖房の両方をかける」という表現。初めて聞きました。

増山)なかなかの発想。

辛坊)私はそれからずっと考えているのですよ。類似の表現は他にないかと。

radikoのタイムフリーを聴く