『映画 えんとつ町のプペル』西野直筆サイン入り暑中見舞い付きのペアチケット発売

©吉本興業株式会社

キングコング・西野亮廣自身が製作総指揮・原作・脚本を務める『映画 えんとつ町のプペル』。
このたび「西野亮廣直筆サイン入り・暑中見舞いハガキ付き映画ペアチケット」の発売が決定したというニュースが届きました!

大注目の劇場版!

2016年に発売された絵本『えんとつ町のプペル』。
緻密に表現された絵の世界観と、大人も泣ける物語の展開にその人気はとどまることを知らず、絵本業界の常識を覆し大ヒットを記録。
当時、絵本が高くて買えないという子供たちの意見に答え、全ページWEBで無料公開という異例の展開を仕掛け業界騒然となりました。
結果それ自体が話題となりさらに売り上げを伸ばし、今では45万部を超える大ヒット絵本となっています。
そんな同作の劇場版となる『映画 えんとつ町のプペル』。

©️Akihiro Nishino/Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.

原作者のキングコング・西野亮廣が自ら製作総指揮・脚本を手がけ、えんとつ町の“本当の物語”を描き出す「もう一歩踏み出したいすべての人に贈る、感動の冒険物語」として、映画化が発表されて以来大きな話題を呼んでいます。
制作は圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つスタジオ4℃が担当、秘密に覆われたえんとつ町の世界を3Dアニメーションで完全映像化しています。

関連記事:キンコン西野絵本『えんとつ町のプペル』映画化! 「最終的にはみんなでひっくり返そう、という物語」

奇跡の物語、ストーリーは…

煙突だらけの『えんとつ町』では、そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。 黒い煙でモックモク。黒い煙に覆われた『えんとつ町』の住人は、青い空を知りやしない。輝く星を知りやしない。そんな町に生きる、親を亡くした少年ルビッチのもとにハロウィンの夜に現れたゴミ人間プペル。2人に起こる奇跡の物語……。

夏のルビッチがイラストに

この度、同映画の「西野亮廣直筆サイン入り・暑中見舞いハガキ付きペア映画ペアチケット」の発売が決定!
本作のキャラクターデザインを担当する福島敦子による描き下ろしの暑中見舞いハガキは2種類。

©️Akihiro Nishino/Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.

主人公の少年ルビッチの家族が、縁日を楽しむ「縁日バージョン」。

©️Akihiro Nishino/Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.

そして、縁側でそうめんを食べている団欒が描かれた「縁側バージョン」。
どちらも夏を感じさせる風情溢れるイラストで、それぞれの絵柄面には西野亮廣の直筆サイン入りとなっています。
暑中お見舞いとして購入者へと届けられる超特別仕様のハガキがついた本前売券は、7月14日(火)20時より、西野が運営するサイト「BASE」にて発売中です!

お早めにチェックしてみてくださいね!

販売概要

映画『えんとつ町のプペル』西野亮廣直筆サイン入り・暑中見舞いハガキ付き映画ペアチケット
販売期間:7月14日(火)20時~
価格:4,000円(税込)
商品内容:「映画 えんとつ町のプぺル」 ペアチケット + 暑中見舞いハガキ1種
※「縁日バージョン」、「縁側バージョン」のいずれかをお選びいただけます。

BASEストアページはこちらからチェック!

映画概要

「映画 えんとつ町のプペル」

©️Akihiro Nishino/Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.

製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣
監督:廣田裕介
アニメーション制作:STUDIO4℃
原作:「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著(幻冬舎刊)
配給:東宝=吉本興業共同配給
映画コピーライト:©️Akihiro Nishino/Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.
原作コピーライト:©️AKIHIRO NISHINO, GENTOSHA 2016
公式サイトはこちらから!