医療機関の35%が夏の賞与減

新型コロナで経営悪化

©一般社団法人共同通信社

 日本医労連が傘下の労働組合を通じた調査で、医療機関354のうち約35%が看護師らの今年夏の賞与(ボーナス)を昨夏より引き下げるとの回答を組合側に示していることが14日、分かった。東京都内の2医療機関が賞与支給はないと回答していたことも判明。新型コロナウイルスの感染者対応で生じたコスト増や、一般患者の受診控えなどによる経営悪化の影響とみられ、医労連の担当者は「医療提供体制を維持するため国の財政支援が必要」と話している。

 東京女子医大の教職員でつくる労組によると、大学側は経営悪化を理由に労組に対し賞与ゼロと通知した。数百人の看護師が退職を希望しているという。