感染は拡大傾向、注視必要

厚労省が専門家対策会議

©一般社団法人共同通信社

厚労省で開かれた新型コロナウイルス感染症対策会議=14日午後

 厚生労働省は14日、感染症などの専門家で構成する新型コロナウイルス感染症の対策会議を開き、国内の感染状況を議論した。終了後、記者会見した脇田隆字座長(国立感染症研究所所長)は、東京都などで感染者が増えていることについて「感染が少しずつ拡大しているが、3月末~4月に比べると緩やかだ。注意深く状況を見ていく必要があるという結論になった」と述べた。

 22日に開始予定の政府の観光支援事業「Go To トラベル」で東京などから感染が地方に広がると懸念されていることに関しては「直ちに移動を控える必要はあるとは考えていない」とした。