文化財の豪雨被害54件

国や県指定・登録、対策限界も

©一般社団法人共同通信社

球磨川の氾濫で床上浸水した国宝「青井阿蘇神社」の拝殿=13日、熊本県人吉市

 記録的な豪雨に見舞われた九州各地の国や県が指定・登録する文化財のうち、少なくとも54件が浸水や土砂崩れなどの被害を受けたことが14日までの各県への取材で分かった。他に民間所蔵の未指定の文化財も多数被災したとみられ、行政などは実態把握を進めている。一方、事前対策には限界があり、専門家は「早期に復元作業に取りかかることが重要だ」と指摘する。

 福岡県によると、世界文化遺産の「三池炭鉱」(同県など)で土砂崩れが15カ所発生。熊本県人吉市では球磨川の氾濫で国宝「青井阿蘇神社」が床上浸水した。かやぶき屋根が長雨で傷み始め、池に架かる「禊橋」の欄干が流され消失した。