安保理、4カ月ぶり対面

感染沈静化、徐々に復帰へ

©一般社団法人共同通信社

約4カ月ぶりに対面形式で開かれた国連安全保障理事会の会合で議長を務めるドイツのホイスゲン国連大使(中央)=14日、米ニューヨークの国連本部(国連提供・共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は14日、15理事国の外交官を国連本部に集め、公開会合を開いた。対面形式で会合を開くのは3月12日以来、約4カ月ぶり。本部がある米ニューヨークで新型コロナウイルスの感染状況が沈静化してきたことを受けた措置で、オンライン会合から今後徐々に復帰する方針だ。

 14日の会合は、2メートルの対人距離を保つため、安保理の議場より広い経済社会理事会の議場を使用。1カ国当たり2人に限定された外交官がマスクを着けて入室、隣との間に2席空けて着席した。