【15日の天気】九州から東北で広く雨に 少しの雨でも土砂災害や河川の増水に警戒

©株式会社ウェザーマップ

15日(水)の全国の天気と降水確率

 きょう15日(水)は、全国的に不安定な天気で、特に、九州から東北にかけて雨が降りやすく、傘の出番となりそうだ。これまでに大雨となった地域では、少しの雨でも土砂災害や河川の増水に警戒や注意が必要だ。特に、きのう(14日)、江の川が氾濫した島根県では、引き続き、厳重な警戒が必要になる。

一連の大雨の峠は越えたが、警戒は必要

15日(水)昼前[上]と夕方[下]の天気分布予想

 梅雨前線は本州の南海上に南下し、九州から東北にかけての大雨の峠はいったん越えたが、雨の降りやすい状況は続いている。きょうは特に、低気圧に近い山陰から北陸にかけての日本海側や東北で雨の降る時間が長く、その他も一時的に雨が降る見込み。雷を伴い強く降る所もあるため、引き続き、雨の降り方に注意したい。

 また、晴れ間が広がる北海道と沖縄でも、にわか雨や雷雨の所がある見込み。

15日(水)午前5時30分現在の大雨による災害危険度

 これまでに大雨となった地域では、少しの雨でも土砂災害や河川の増水などの危険性が再び高まるおそれがある。特に、きのう氾濫が発生した島根県の江の川下流域では、引き続き厳重な警戒が必要だ。

15日(水)午後9時[上]と16日(木)午後9時[下]の予想天気図

 さらに、梅雨前線は、あす(16日)には本州沖に北上し、その後、週末にかけて再び大雨となるおそれもあるため、今後も気象情報、自治体から出される避難の情報などに注意して過ごしてほしい。

不快な蒸し暑さ 体調管理に注意

15日(水)の予想最高気温

 最高気温は全国的に平年を下回るが、湿度が高いために不快な蒸し暑さを感じる所が多くなりそうだ。避難所で過ごされている方、被災地で作業される方は、体調の管理に十分に気を付けてほしい。

 また、静岡で30℃、甲府(山梨)で29℃の予想など、本州でも30℃前後まで上がる所があり、特に、甲府ではきのうとの気温差が大きくなり注意が必要だ。

<15日の予想最高気温(前日差)>

札幌  25℃(-1℃) 平年並み

仙台  19℃(±0℃) 5月中旬並み

東京  25℃(+1℃) 6月上旬並み

名古屋 27℃(+2℃) 6月中旬並み

大阪  27℃(±0℃) 6月上旬並み

福岡  26℃(+2℃) 6月上旬並み

那覇  33℃(±0℃) 平年並み

(気象予報士・海老原美代子)