長嶋茂雄、原辰徳… 名将2人に仕えた“側近”が語る、共通点と独自の勝負勘

©株式会社Creative2

巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】

14日の広島戦に勝利し長嶋茂雄巨人終身名誉監督を超え、通算1035勝をマーク

巨人・原辰徳監督が監督通算1035勝として、長嶋茂雄終身名誉監督を超え、巨人歴代2位となった。2人の名将のもと、巨人ベンチでスコアラーとして長年、チームの分析を行ってきた三井康浩氏は「攻撃的な采配」と「選手の見極め」がともに長けていると共通点を“勝てる監督”のポイントに挙げた。近くで見ていたから分かる共通点とその中で見えた原監督の独自の野球観について明かしてもらった。

今でこそ、スコアラーがベンチに入るのは当たり前になってきたが、その第一人者となったのが、長嶋政権下の三井氏だった。原監督の下では、巨人以外にも2009年のWBCでもチーフスコアラーとして、チーム分析を行ってきた。

「共通点としては、2人とも攻撃的です。もちろん、投手も重要ではあるのですが、野手中心で試合を進める。長嶋さんは、長打で点を取りに行く。だけど、原さんは足を使って試合を動かしていくタイプです」

原監督のすごいところを聞くと、「躊躇なく、選手を動かせること」だという。思い切った作戦を敢行する。一塁に走者が出れば、どのようにして一、三塁とチャンスを広げて、点を取るかを考える。そこにはエンドランや盗塁など、足を絡めた野球がある。

「原さんは走者を一、三塁にして、ビッグイニングを作ろうとすることが多いです。また、試合が膠着状態で、動かしたいという時はエンドランや足の速い選手を起用して、自分の手で動かしにかかります。“小粒”で足がある選手をベンチに置き、代走要員にも鈴木尚広らスペシャリストを置いていたのはそういうところにあると思います」

同じ攻撃的な采配でも、色が違う。独自のテイストはいつごろから生まれたのか。

「長嶋さんが監督の時に、原さんはヘッドコーチしていたんですけど、その期間で何回か長嶋さんから『サインを出していいよ』と言われたことがありました。今思うと、その時から、選手を動かしていましたね。原さんには独自の野球観がこの時からあったんだと思います」

長嶋監督も原監督も鋭い視線を送る試合前練習、選手の見極めは「すごかった」

現役引退後の99年に野手総合コーチ、2000年からの2年間はヘッドコーチとして、ミスターから采配を学んだ。選手を見る鋭い視線は重なるものがある。

「長嶋さんも原さんも選手の見極めはすごいです。投手の出来、その日の野手のコンディションを細かく見て、スタメンを決める。選手の抜擢、変えどころとか、采配が当たるのは、練習をよく見られる監督だからだと思います。選手の状態をしっかり把握して、使う選手を決めているというのも、共通していると思います」

感覚だけなく、確固たる根拠も采配にはあった。2009年、侍ジャパンが世界一連覇を果たしたWBCでも、チーフスコアラーだった三井氏は「シーズンだけでなく、世界の舞台でも試合勘は研ぎ澄まされていました。シーズン中のような“冒険”はなかったですが、盗塁や次の塁へ進む意識を持ちながらも、行ける根拠がなければ走らせなかったですし、行けると思えば、片岡(治大=現巨人2軍内野守備走塁コーチ)選手らに走る指示を出していました」

試合前の打撃練習で少しでも明るい兆しが見えれば使う。目の奥に戦う“炎”が見えれば、積極的に選手を使う。こうして1位の名将・川上哲治元監督の1066勝も視界にとらえるほどの白星を積み重ねてきた。それでいて、現在の野球、選手に柔軟に対応している。これからどのような過程で、新たな白星を重ねていくか、数字だけでなく、変化する戦い方も注目だ。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)