15日(水)午後 東日本中心に不安定 週末は再び広範囲で大雨か

©株式会社ウェザーマップ

 15日(水)午後は、東日本を中心に大気の状態が不安定で、局地的に雨雲が発達する見込み。急な強い雨や落雷、突風に注意が必要だ。

 梅雨前線が本州の南へ下がり、九州から東北の大雨は峠を越えたが、湿った空気の影響で引き続き雨の降りやすい状態となっている。15日午後は低気圧や上空の寒気の影響で、東日本や東北南部で局地的に雨雲が発達し、雷を伴った激しい雨の降る所がある見込み。北陸を中心に土砂災害に警戒すると共に、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風に注意が必要だ。

週後半の天気 再び大雨か

 南へ下がっている梅雨前線が、16日午後から次第に北上する予想となっている。17日(金)~19日(日)にかけて、前線は本州の南岸に停滞する見込みで、東・西日本は曇りや雨の天気が続く予想だ。前線が活発化した場合、週末は太平洋側を中心に再び大雨となるおそれがある。今後も、最新の気象情報に注意が必要だ。

(気象予報士・高橋和也)