京アニ犠牲者の絵で田んぼアート

故郷の静岡県菊川市

©一般社団法人共同通信社

大村勇貴さんが制作した絵本の一場面を再現した田んぼアート=6月、静岡県菊川市

 にっこり笑う子ども、優しいタッチで描かれた白い竜―。京都アニメーション放火殺人事件は18日で発生から1年となる。同社社員で犠牲になった京都府宇治市の大村勇貴さん=当時(23)=が制作した絵本の一場面が、出身地の静岡県菊川市に田んぼアートとして再現された。稲の成長とともに日々表情を変えながら、訪れる人を楽しませている。

 再現された絵柄は、大村さんが常葉大造形学部(静岡市)在籍時に描いた絵本から採用した。同県松崎町に遊びに来た幼い子ども「うーちゃん」が、動物たちに誘われて町内を冒険する内容の絵本。黄色やむらさきの葉の古代米など10種類の稲で表現した。