西勇輝投手に阪神球団が厳重注意

緊急事態宣言下に不倫報道

©一般社団法人共同通信社

阪神の西勇輝投手

 プロ野球阪神の西勇輝投手が15日、「文春オンライン」で新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言下の5月に女性ファンと三重県内で不倫していたと報じられたことを受け、球団を通じ「プロ野球選手として自覚に欠ける行動であったと深く反省している」などとするコメントを出した。球団は厳重注意するなどしたという。

 文春オンラインによると、三重県出身で29歳の同投手は5月3日に滋賀でゴルフの練習後、四日市市内のホテルで不倫関係にあった30代前半の女性と関係を持った。3選手がコロナ感染した阪神球団では当時は自主練習期間中で、感染防止のために会食などを禁止していた。