GoTo見直し論が拡大

自治体、延期や工夫提案

©一般社団法人共同通信社

記者会見する東京都の小池百合子知事=15日午後、都庁

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」を巡り、自治体首長らを中心に15日、見直し論が拡大した。22日に事業開始が迫る中、延期や運用の工夫を提案。新型コロナウイルス感染に関する警戒度を引き上げた東京都の小池百合子知事は「実施時期や方法を改めてよく考えてほしい」と見直しを迫った。政府は新型コロナ対策分科会を16日に開いて専門家の意見を聴取し、国土交通省が最終判断する。

 山口祥義佐賀県知事は記者会見で、感染状況が都道府県で違うとして「一律的にやるのはむちゃじゃないか」と指摘。青森県弘前市の桜田宏市長は「感染拡大地域からの移動はご遠慮いただきたい」と求めた。