ラーメン登場!富山のご当地グルメを「ひつまぶし」で名古屋めし化する

【日本!ご当地グルメ名古屋めし化計画】

©TVA

皆さんこんにちは、こんばんわ。作家兼名古屋めし料理家のSwind(スインド)です。

「日本!ご当地グルメ名古屋めし化計画」もあっという間に第10回ですね。

編集長 あっという間ですねー。今回は何か記念企画でもやりますか?

なにいってるんですか!前回の最後に、「次回もひつまぶしですー」って予告したじゃないですか。 ということで今回は「ひつまぶし化」の第2弾です。

にゃちこ で、どこのご当地グルメをひつまぶし化するの?

うーん、自分で言っておきながら正直困ってたり……(汗) 前回の「深川まぶし」が割と完成度高かったからねぇ。

にゃちこは何か食べてみたいのあるー?

にゃちこ ラーメン食べたい

いやそうじゃなくてさ……、ん? ラーメン? 

ラーメンと言えばラーメンライス。あ、ひらめきました。面白いひつまぶし化できるかも……?

それでは今回も、名古屋めし化にチャレンジです!

真っ黒!?なひつまぶしを作る。卵にさらに卵?

全国にご当地ラーメンはたくさんありますが、今回のひつまぶし化に選んだのはこちら!

富山ブラックラーメン(写真提供: ゆりた/写真AC)

編集長 あ、これは!富山のご当地グルメですね。

スープが真っ黒になるほど濃い醤油味のスープが特徴、「富山ブラックラーメン」です。

今回はこちらをアレンジしてひつまぶしを作ります!

 材料はこちら。

にゃちこ あれ? スープからつくるんじゃないの?

さすがに家でつくるのは大変なので、今回はパス。市販のスープの素を使います。

さて、ひつまぶしなので具材が大事。

富山ブラックラーメンにはチャーシューが載りますが、今回はひつまぶし化ということで豚バラ肉の薄切りを醤油ダレの中で炊いていきます。

タレにしっかりと味を染みさせつつ、醤油ダレに豚の旨味を移していく作戦ですね。

ただ、豚肉を煮過ぎると塩辛くなりすぎるので注意です。

ここでちょっと一工夫。しょうゆとみりんだけだと味が単調になってしまうので、隠し味にコレを入れます。

編集長 スイートチリソースですか?

甘味と辛味とにんにくの風味をプラスですね。その間にネギもたっぷり刻んでおきます。

豚バラ肉が炊き上がったら、煮汁と肉をとりわけます。この煮汁がごはんやスープと合わせる醤油だれとなりますので大切に取っておきましょう。

この豚バラ肉の旨味がぎゅっと入った醤油ダレをスープの中にたっぷり投入。これが醍醐味ですね。

あとはご飯の上に盛り付けて完成です。仕上げの粗挽き黒胡椒を忘れずに。

ひつまぶしなので最初はそのままで頂きます。

粗挽き黒胡椒が良い仕事してますねー。名古屋めしも手羽先やあんかけスパといったように胡椒を使う料理が多いので通じるところがあります。

さて、二杯目なのですが……、薬味ではなく卵でぜひどうぞ。

にゃちこ 究極のTKGだ!

全体的にかなりパンチの効いた味わいなので、玉子がめちゃめちゃあいます。鰹節の風味も加わって、これはどえりゃあうみゃあです!

そして三杯目はもちろんスープをかけて。

編集長 これは完全に〆モードです。しかしそうなると4杯目、悩みますね……。

ふふふ、ではこうしてしまいましょう

編集長 禁断の追い玉子!!

にゃちこ ずるーい! 玉子ヨコセ――!!

はいはいw 3度ならぬ4度おいしい「ブラックまぶし」。ぜひ皆さんも作って味わってみて下さい。

作ってみたレポート&感想はいつものようにTwitterにて募集しています。ハッシュタグ「 #名古屋めし化計画 」をつけての投稿、よろしくお願いします! 

「そこまで言うんだったらうちの飯、名古屋めしにしてみろよ!」というリクエストもぜひお寄せ下さい!

編集長 おまちしていまーす!

次回はあなたの街のご当地グルメが名古屋めしになっちゃうかも!? こうご期待です!

■ブラックまぶし

・おいしさ:★★★★

・手軽さ:★★★☆

・名古屋っぽさ:★★★★

・富山県民に醤油ダレの中で煮込まれる度:★★★★★★★★★★

<材料>(2人前)

(具材、薬味、醤油ダレ)

○豚バラ肉(スライス)400g程度

○ネギ  1本分

☆醤油 200ml

☆みりん 100ml

☆スイートチリソース 大さじ1

☆チューブ入りの生姜、にんにく お好みで(無くても良い)

(スープ)

○水 300ml

○中華スープの素 小さじ2

○和風だしの素 小さじ1

○醤油だれ 50~100ml程度

(ブラックまぶし)

○ごはん 1.5合分

○醤油だれ 大さじ1

○粗挽き黒胡椒 適量

○生卵 2~4個

<作り方>

(具材、薬味、醤油だれ)

1.ネギは先端部分を3分の1ほど切り落とし、残りを粗めの輪切りにする。

2.スライスの豚バラ肉を鍋かフライパンの中で軽く炒める。

3.肉の全体に焼き色がついたらネギの先端部分と☆の調味料を入れ、強火にかける

4.一煮立ちしたら火を弱め、蓋をして15~30分程度じっくり炊く。

5.炊いた肉とつゆを分ける。この煮汁が醤油だれとなる。

(具材、薬味、スープ)

6.スープ用の水を沸かし、中華スープの素と和風だしの素をそれぞれ入れる。

7.スープのお椀に醤油ダレを入れ、6.のスープを注ぐ。

(仕上げ)

8.ごはんを丼(またはおひつ)によそい、醤油だれをかけまわす。

9.ごはんの上に炊いた豚バラ肉と輪切りのネギを載せ、粗挽き黒胡椒をかける

10.スープと玉子を添えて完成。

11.1杯目はそのまま、2杯目は生玉子をかけて、3杯目はスープをかけて食べる。4杯目はスープと生卵を両方かけてもよい。

【筆者プロフィール】

Swind(スインド)

作家兼名古屋めし専門料理研究家。名古屋と名古屋めしを題材とした小説、漫画原作、コラム、レシピ等の執筆活動を行っている。これまでに考案した名古屋めしのレシピは100本以上。最近ではyoutubeにも活動の幅を広げている。

★2020年7月17日には新刊書き下ろし小説「屋上屋台しのぶ亭 ~ 秘密という名のスパイスを添えて~」を刊行。

詳細:https://twitter.com/swind_prv/status/1278948174535651328

Twitter: https://twitter.com/swind_prv/

YouTube:  https://www.youtube.com/c/swind758/