関ジャニ∞久々のスタジオ集結に大興奮!“飛沫タレント”村上信五はアクリル板に囲まれる!?

©株式会社フジテレビジョン

関ジャニ∞のメンバーの持つ遊び心を前面に押し出し、人間的な魅力を伝えていく超本気バラエティ『関ジャニ∞クロニクルF』。7月13日(月)は、缶詰の概念が変わる「関ジャニ∞、缶詰BBQでバラエティする。」が放送された。

久しぶりに5人がスタジオに集結。ソーシャルディスタンスを保ち、アクリル板に仕切られているもののメンバーもうれしそう。「村上さんの周り、アクリル板多くないですか?」と横山裕。たしかに村上信五の周りを囲むように飛沫対策のアクリル板が3枚もあり、「せやねん。多いのよ、俺」と不思議がる。すると、安田章大から「ようしゃべるからやろ。オレほとんどしゃべらんから何もないもん」、横山から「飛沫タレント!」と指摘され、笑いが起こった。

今回最初のフォルダは「缶詰BBQ」。「いよいよBBQの季節。最近では手軽に出来る『缶詰BBQ』も流行っています。今回は、缶詰BBQの可能性を模索していきましょう。」ということに。

そこで「日本唯一のBBQ芸人が誰でも缶詰で簡単に出来る『缶単BBQレシピ』オススメBEST3を教えてくれます。」と、年間250回以上BBQを行う達人で、日本唯一のBBQ芸人・たけだバーベキューがVTRで登場した。

オススメ3位「やきとり缶オニオンチーズ」

1.玉ねぎを4分の1スライスする
2.焼き鳥缶の上に敷き詰める
3.ピザ用チーズを山盛り乗せる
4.缶詰を小鍋代わりにして、火のついた炭の上に置く
5.耐熱性のアルミカップをかぶせて2分加熱
6.仕上げに山椒を振る
完成!

それぞれ目の前にあるBBQセットで出来立ての「やきとり缶オニオンチーズ」を試食すると、「美味しい!」と感激。「こんな簡単でこんな美味いんやって感じやな」(丸山隆平)、「クリームシチューみたいじゃない?」(大倉忠義)、「ほんまやな!」(横山)と話が弾む中、ひたすらカメラ目線で試食し続ける村上。「村上さん、カメラ呼ばんでええのよ」と横山のツッコミがさく裂した。

オススメ2位「柳川鍋風さば缶」

1.さばの味噌煮缶をほぐす
2.醤油・みりんを小さじ1杯入れる
3.うずら2個分の溶き卵を入れて、蓋をして約2分加熱
4.仕上げに刻みネギを散らす
完成!

食べる前から「これは美味しいわ」と期待値が高い村上は、ひと口食べると「うんまー!」と絶叫し、大倉は「つまみになるね」と。「ちょっとBBQの概念が変わるね」という安田の言葉に「というか缶詰の概念やな。こんな簡単に出来るの!?めちゃくちゃ美味しいなあ」と、美味しさのあまりトークが止まらない横山だった。

オススメ1位「マッシュルーム缶アヒージョ」

1.マッシュルーム缶の汁を捨てる
2.マッシュルームが浸る程度に、オリーブオイルを注ぐ
3.塩・鷹の爪・にんにくを多めに入れる
4.炭火で2分加熱
完成!

1番に食べ始め「うわ、これやばい。これ概念変わるで」と大倉。「でもこれ、にんにくチューブのやつ入れてるからちょっときついね。女子の場合、少なめのほうがいいかもしれない」とアドバイスまで飛び出すが、食べようとしている丸山に「うるさいな(笑)」とツッコまれてしまう。

横山は、「BBQって(今までは)肉しか焼いてなかったけど、こんな簡単にできるんやったらな」と感心しきり。そんな中、村上が「あ、これ(食べた後は)KISS出来へんな」とこぼすと、「KISSでバラティする。」(6月22日放送)で起こった、「〇〇を食べた後にKISSができるか」論争が再燃。楽しくてトークが止まらないメンバーを見ながら、「スタジオに集まれたから浮かれてるな」と笑顔を浮かべる横山だった。

「イケメンカメラ目線」が復活!丸山はやっぱり〇〇だった!

その後、「ジビエ缶詰」のフォルダでは、安田が、えぞ鹿、クマ、トド、アザラシの肉で作られたカレーの缶詰で効きジビエカレーに挑戦。また、「マイノリティ缶詰」フォルダでは、台湾の「鴨血(ヤーシュエ)」、アメリカの「ポークブレイン」、タイの「タランチュラ」、インドの「グラブジャムン」という世界各地に存在する、日本では信じがたい缶詰が紹介された。

続いて「BBQ中にできる缶詰遊び」フォルダへ。「男たるもの、いつでも・どんな時でもイケメンでいなくちゃいけないですよね?イケメンカメラ目線をキメちゃってください。」と懐かしいフレーズが。お昼放送時代の人気コーナー「イケメンカメラ目線」を、天井から吊るされた缶を回転しながら蹴る、“ジャンピング缶蹴り”でやってみることに。

まずは横山の挑戦。きれいに回転し、缶を蹴り上げ、スマートに見えたが…結果は、両手を前にピンと突き出し歯をくいしばって必至に缶を蹴り上げている写真になっていた。すると、丸山からは「ロボコン」と名付けてからかわれてしまう。

「そんなん言うならやってみいや」と大倉に促されて、丸山も挑戦。きれいに回転はしたが、蹴り上げた足の「ブンッ」と空気を切る音だけが響き渡り、まさかの空振り。しかも写真ではおでこ全開で眉間にしわを寄せて蹴ろうとしている姿が。丸山自ら「気難しい河童やな」と命名し、メンバーは大爆笑だった。

最後は「缶単BBQ」フォルダの番外編、「もっと缶単!超缶単!やってみて!」と「缶単コーンバター」の作り方を紹介。

1.ハーブソルトを振る
2.チューブバターを入れる
3.グツグツになるまで加熱したら完成

と、手順も極めてシンプルだが、ここで横山が、1の手順を勘違いし「そんな説明いらんやろ」と言いながらハーブソルトの瓶をシェイク。大真面目に勘違いしている横山に、となりにいた安田が気付き「天才やな!」と、スタジオは大爆笑だった。

次回、7月27日(月)『関ジャニ∞クロニクルF』は、「関ジャニ∞、缶詰BBQでバラエティする。」後編が放送される。倒した人が負けの缶積みゲームに挑戦。果たして、うず高く積まれた缶詰を倒してしまうのは…!?