海外レビューハイスコア『Ghost of Tsushima』― 独創性があり、インパクトがあり、美しく、奥深く、何より楽しい

©株式会社イード

海外レビューハイスコア『Ghost of Tsushima』― 独創性があり、インパクトがあり、美しく、奥深く、何より楽しい

Gaming Age: 100/

Game Informer: 95/

Digital Trends: 90/

IGN: 90/

Hardcore Gamer: 90/

Meristation: 85/

GamesBeat: 85/

Comicbook.com: 80/

Jeuxvideo.com: 75/

VG247 60/


PS4を対象に7月17日発売予定の『Ghost of Tsushima』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、84点(総レビュー数87件)をマークしています。

『Ghost of Tsushima』は、『inFAMOUS』シリーズの開発で知られるサッカーパンチプロダクションズによる、対馬が舞台の侍オープンワールドゲーム。プレイヤーは境井仁となり、冥府から蘇った者「冥人(くろうど)」として、故郷を敵の手から取り戻します。メディアレビューでは、「個性的」「最高の一本」と言う声もあり、他のゲームには見られない独創性とこれまでのオープンワールドゲームの遊びやすさが合わさったタイトルになっているようです。一方、簡単すぎると言う声もあり、雰囲気を楽しむゲームという側面も見受けられます。

『Ghost of Tsushima』は、PS4を対象に7月17日発売予定です。