【2020年開運】宮城県のパワースポット3選

©株式会社オンエア

2020年、全世界がコロナ禍に見舞われました。今までの日常が失われ、世界中の人々の生活が変化しています。こんなときだからこそ、パワースポットの良い運気をいただき、人生に立ち向かう勇気を養いたいものです。日本全国にあるパワースポットで、コロナの災いを退け、健康運や金運、仕事運を上げましょう。北海道から沖縄まで、47都道府県のパワースポットをご紹介します。今回は宮城県です。

鹽竈神社 (C)Shutterstock

鹽竈(しおがま)神社(塩竃市)

お浄めの最高峰、厄除開運

鹽竈神社 (C)Shutterstock

塩竈市の起こりともなった「鹽竈神社」。鹽竈神社の神様「鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)」は、人々に製塩法を教えたとされています。鹽竈神社は、浄化作用が強く、悪運を退け、新しいチャンスを与えてくれる運気があるといわれています。このご利益は、表参道からの200段余りの石段を登らないと授からないそうで、幸運は神頼みだけでは楽に手に入らないものだとわかりますね。

お守りは「神塩守」が人気。お浄めの力を持った塩は、塩の神様を祀った鹽竈神社のものがベストと言われます。鹽竈神社の末社「御釜神社」には、実際に神釜と呼ばれる四口の鉄製の釜が祀られています。不浄なものを清浄なものに変える力こそ、今求められていますね。ぜひ参拝したい神社です。

志波彦(しわひこ)神社・鹽竈神社

住所:宮城県塩竈市一森山1-1

電話:022-367-1611

http://www.shiogamajinja.jp

秋保(あきう)大滝(仙台市)

願いが叶う滝

写真提供:宮城県観光課

華厳の滝(栃木県)、那智の滝(和歌山県)にならぶ日本三名瀑のひとつといわれ、日本の滝百選にも選ばれている「秋保大滝」。深緑の断崖から落下する純白の滝を、先人たちが神として崇めたことが納得できる壮大さです。

秋保大滝の入口にある「秋保大滝不動尊(西光寺)」は、平安時代初期に慈覚大師円仁が秋保大滝を眺めた時、荘厳さに心を打たれ、不動尊を安置したことが始まりといわれています。現在の不動尊と不動堂は、文政8年(1825)に知足上人という名僧が再興したもので、軒回りには彫刻が施されており、十二支や鯉の彫り物を見つけると願いが叶うとされています。

秋保大滝

住所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝

電話:022-398-2323(秋保温泉郷観光案内所)

https://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/116/

秋保大滝不動尊

住所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝11

電話:022-399-2127

https://akiusato.jp/history/tera.html

金華山黄金山神社(石巻市)

3年続けてお参りすれば一生お金に困らない!

写真提供:宮城県観光課

牡鹿半島の突端に浮かぶ信仰の島・金華山は東奥の三大霊場のひとつ。中腹にある黄金山神社には金運・開運の神様「弁財天」が祀られています。「3年続けてお参りすると一生お金に不自由しない」といわれ、毎年各地から多数の参詣客が訪れます。離島のため、女川港または鮎川港から定期船に乗ってのアクセスになりますが、一生お金に困らないのであれば、ぜひ3年続けてお詣りしたいものです。

金華山黄金山神社

住所:宮城県石巻市鮎川浜金華山5

電話:0225-45-2301(代表)

http://kinkasan.jp/

今回は、宮城県のパワースポットをご紹介いたしました。人間はいつでも強くはいられません。心が弱っているな、エネルギーが足りないなと感じたら、パワースポットで良い運気に触れ、明日へ立ち向かう元気をもらいましょう。