藤井七段、最年少奪取に挑む

将棋の棋聖戦5番勝負の第4局

©一般社団法人共同通信社

第91期棋聖戦5番勝負の第4局で、渡辺明棋聖との対局前に駒を並べる藤井聡太七段=16日午前、大阪市の関西将棋会館(代表撮影)

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)に挑む第91期棋聖戦5番勝負の第4局は16日、大阪市の関西将棋会館で始まった。第3局を終えて藤井七段が2勝1敗とリードしており、本局に勝てば最年少の17歳11カ月でタイトルを奪取する。

 最も若いタイトル獲得は1990年、屋敷伸之九段(48)が作った18歳6カ月。藤井七段は開幕局と第2局に連勝、第3局は敗れたが、三冠を持つ渡辺棋聖を相手に冷静な戦いぶりが光る。高校生プロが30年ぶりの記録更新に挑む。

 棋聖戦は持ち時間各4時間で、第4局は16日夜に終局する見通し。3勝を先に挙げた方が棋聖の称号を得る。