ラックライフ、初の有料配信ライブを実施! 新作シングルを引っ提げたツアーや今の心境をPON(Vo&Gu)が語る

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

ラックライフ

3月に予定されていたLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)ワンマンは残念ながら中止になってしまったが、ラックライフは止まることなく前を向いて前進中だ。5月には大型タイアップ付きのニューシングル「アオイハル」をリリースし、7月19日には「streaming+」で初の有料配信ライブ『おうちでラックライフ ONEMAN LIVE in 茨木JACK LION』の開催が決定。9月11日の東京・EX THEATER ROPPONGIから始まるツアーも、新たな日程がアナウンスされ、再会の時は刻一刻と近づきつつある。長い自粛の日々の葛藤、新曲への思い、そして新たな未来について、PON(Vo&Gu)の本音を聞いてみよう。

――生粋のライブバンドのラックライフが、こんなにライブをやらないことはなかったと思うけれど。いつからやってないですか。

「いつやろ? 3月4日にテレビの収録があって、お客さん入れてやるはずが無観客になった、それが最後かな。3月15日には配信で、アコースティックで2,3曲だけやりましたけど、お客さんを入れてやったのは2月の名古屋ワンマンですね。もう半年ぐらい前やん!」

――3月15日のLINE CUBE SHIBUYA、残念でした。

「そうですね。張り切ってたのに…」

――5月に延期して、それも結局できなくなって。苦しい決断だったと思うけれど、どんな経緯があったんだろう。

「でも延期はスッと決まった気がします。ぎりぎりまで考えたけど、そればっかりは仕方ないという感じはありました。バリばりえぐいですけどね。5月は緊急事態宣言中だったからほぼあきらめてたけど、3月15日はぎりぎり行けるんちゃうか?という感じやったんで。すぐに5月の日程を出してもらって、ナイスプレーや!と思ったのに、それも無理やって…マジやる気なくなったっす、すべてにおいて(笑)」

――それが本音ですよね…。

「全部なくなっちゃって、最初の頃とか、もう音楽聴くのが嫌でした。3月末とかテレビの歌番組が多かったんですけど、全然見たくなくて、バラエティばっかり見てましたね。音楽番組を見ると音楽脳が刺激されて、でも自分はできひんし、しかも「不要不急のなんちゃら」とか言ってたじゃないですか。“誰が不要やねん!”と思いながら。傷ついてましたね」

取材:宮本英夫

【有料配信ワンマンライブ】

『おうちでラックライフ ONE MAN LIVE in 茨木JACK LION』
7月19日(日)21:00~配信

※チケットご購入はこちら!

配信ご利用ガイド

【ライブ情報】

『「アオイハル」 Release Tour−何よりも青くあれ−』
9月11日(金) 東京・EX THEATER ROPPONGI
9月28日(月) 宮城・仙台MACANA
[GUEST]the shes gone
10月7日(水) 神奈川・横浜BAYSIS
[GUEST]reGretGirl
10月9日(金) 北海道・Sound Lab mole
[GUEST]※ワンマン
10月11日(日) 北海道・musica hall café
[GUEST]※アコースティックワンマン/1日2回公演
10月23日(金) 京都・京都MUSE
[GUEST]LUCCI
10月29日(木) 福岡・福岡BEAT STATION
[GUEST]片平里菜
10月30日(金) 広島・広島CAVE-BE
[GUEST]Half time Old
11月08日(日) 埼玉・西川口Hearts
[GUEST]感覚ピエロ
11月13日(金) 岡山・岡山IMAGE
[GUEST]the quiet room
11月14日(土) 兵庫・神戸ART HOUSE
[GUEST]Halo at 四畳半
11月20日(金) 愛知・豊橋club KNOT
[GUEST]ドラマストア
11月21日(土) 三重・四日市CLUB CHAOS
[GUEST]WOMCADOLE

※チケット一般発売日:後日発表

【ラックライフ】DISK GARAGE公演詳細

シングル「アオイハル」

2020年5月6日発売
BAR

※カンロ『ボイスケアのど飴』イメージソング

ラックライフ オフィシャルHP

【DI:GA ONLINE】ラックライフが地元・茨木のライブハウスから配信ライブ開催!再会の時に向け、PON(Vo&Gt)にインタビュー