【高校野球 青森】3兄弟の活躍で初戦突破!

東奥学園 3人揃っての最初で最後の夏

©青森朝日放送

(ABA澤田アナ)

初戦を突破した東奥学園には、実は小さな頃からずっと一緒に野球をしてきた3兄弟が出場していました。

誰かと言いますと…

3年生で双子の兄滝本魁選手、弟の陸選手、そして1年生の日向選手です。

3人がそろって一緒に試合に出るのは今年の夏が最初で最後。

魁選手によると、2人は良いライバルで負けたくない存在なのだそうです。

一方、日向選手は一緒に練習してアドバイスもくれる兄二人の存在は大きいと話していて、兄弟で切磋琢磨してきた様子が伺えました。

滝本3兄弟

応援席にはいつも夜勤明けから駆けつけ試合を見届けている母・望さんの姿が。

4日前から緊張していたと話しますが、双子の兄・魁選手が先制タイムリーを放つなど3兄弟は初戦で大活躍でした。

東奥学園の次の相手は優勝候補の青森山田。 チャンスを作りだす滝本3兄弟にも注目です。