【高校野球 青森】「もっと野球を続けたい」と感じた夏

異色の経歴? 青森西・加藤選手

©青森朝日放送

(ABA澤田アナ)

注目は青森西の控えの3年生、加藤勇輝選手。

残念ながら試合に出ませんでしたが、試合中はベンチから頑張れとチームにエールを送り続けていました。

実は、加藤選手が高校野球を始めたのは2年生の夏の終わりから。

中学時代は3年間柔道部。

野球をしていたのは小学生時代の1年間だけでした。

異色の経歴を持つ加藤選手の印象についてマネージャーの太田歩乃未さんに伺ったところ、「面白いいじられキャラ。入部当初は頑張って練習についていこうとしていたけれど、5月末の練習試合ではホームランを打つまで上手くなってビックリした」と努力家な一面について話していました。

マネージャー・太田さん

加藤選手は「高校野球をやるとやらないで学校生活は違った。 もっと野球を続けたいと身に染みて感じたので就職してからも続けたい」と、すっかり野球が好きになっていることが伝わりました。

加藤勇輝選手

やりたいことを始めるのに遅すぎることはないと、加藤選手に教えられたような気がします。