氷川きよし、自宅が「どうぶつの森」ならぬ「ジャガイモの森」に!?

©株式会社ニッポン放送

氷川きよしが、インスタグラムに投稿して人気を博している自炊料理について語った。

氷川は、外出自粛期間中に、自身の公式インスタグラムで「自宅ランチ」としたさまざまなレシピを紹介。その料理の腕前が「プロ並み」と反響を呼んでいる。

6月8日のニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」に出演した氷川は、SNSで話題となった手料理についてトークを展開。ステイホーム期間中は毎日メニューを考え、食材はスーパーで購入していたという。

高田:今日明日はこれ作ろうと思ったら、それを頭の中で考えて材料買うの?

氷川:そうです。お野菜が安い時とかに買って。食材を残すのも嫌ですしね。

高田:天下の氷川きよしが安売り探すわけ? チラシ持って?(笑)

氷川:やっぱりそこはちゃんと。この前、ジャガイモを箱で買ったんですよ。

松本:箱で!?

氷川:そしたら芽が出ちゃって、これは捨てられないと思って植えたんですよ。そしたらいっぱい芽がついて。

高田:また増えちゃって!?(笑)。家がジャガイモだらけか?

氷川:本当に。“ジャガイモの森”みたいになってますよ。

高田:流行ってるな。どうぶつの森じゃなくてジャガイモの森。

大量に購入したジャガイモを植えた結果、自宅が“ジャガイモの森”のようになってしまったという氷川。また、最近では、電子圧力鍋で肉じゃがを調理したところ、ジャガイモが柔らかく美味しく仕上がったそうで、インスタグラムに載せた写真には、「美味しそう!」「料理本出せます!」といった絶賛の声が寄せられていた。