通潤橋の放水、21日に再開へ 熊本地震で被災 熊本県山都町

©株式会社熊本日日新聞社

 熊本県山都町は熊本地震などで被災した国指定重要文化財・通潤橋の放水を21日、再開する。新型コロナウイルスの影響で、4月の再開予定を延期していた。

 当日の放水は、午前11時と午後1時の2回。観覧に人数制限は設けないが、「3密」を避ける看板を設置し、町職員などが感染防止対策を呼びかける。初回放水の前に、関係者だけで復興事業しゅん工式を開く。

 通潤橋は、2016年4月の熊本地震で、橋上部の石管をつなぐしっくいなどが損傷。復旧工事中だった18年5月に、大雨で石垣の一部が崩落した。町は橋上部の通水管を取り外し、石垣を積み直す工事を3月に終えていた。(九重陽平)