ライフとアマゾン、食品宅配を関西でも開始、大阪市内の16区

©ダイヤモンド・リテイルメディア

これまで東京都内で実施していたが、関西にも配送エリアを広げた

食品スーパー大手のライフコーポレーションとアマゾンジャパン(東京都目黒区)は7月16日、アマゾンの有料会員向けサービス「プライムナウ(Prime Now)」を通じた食品宅配を大阪市内の16区で始めた。両社は東京23区と都内の4市でライフ店舗からの食品宅配を行っているが、関西では今回が初めて。

配送エリアは、阿倍野区、生野区、中央区、天王寺区などの16区。対象エリアのプライム会員は、ライフの店頭で取り扱う生鮮食品と総菜、プライベートブランド商品「ライフプレミアム」など合計数千点の商品を、プライムナウ専用アプリで注文できる。

ライフは注文を受けると、対応店舗のスタッフが店頭の商品をピッキングし、アマゾンの配達員に渡す。配達員は注文から最短2時間で商品を届ける。

【小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】