独のVW、1~6月販売27%減

コロナで需要大きく落ち込み

©一般社団法人共同通信社

ドイツ北部ウォルフスブルクにあるフォルクスワーゲンの工場で、マスクを着けて働く従業員=4月27日(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、2020年1~6月の世界販売台数が前年同期比27.4%減の389万3100台になったと発表した。新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために各国が導入した都市封鎖や移動制限で消費が停滞し、自動車需要が大きく落ち込んだのが響いた。

 新型コロナ対策の緩和が進んだ6月単月で見ても、前年から17.5%減と振るわなかった。流行の第2波の懸念も強まり、年間販売台数の首位維持に向け、20年後半も厳しい局面が続きそう。

 1~6月は全ての地域で販売が減った。主力市場の西欧は37.5%減の124万8700台。