高校野球の代替大会が開幕 和歌山、39校がトーナメントで戦う

©株式会社紀伊民報

選手宣誓をする南部龍神の高垣公彰主将(18日、和歌山市の紀三井寺球場で)

 新型コロナウイルスの影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が中止になったことを受け、和歌山県高校野球連盟が独自に開催する代替大会「2020 夏 高校野球和歌山大会」が18日、和歌山市の紀三井寺球場で開幕した。39校がトーナメントで戦う。感染防止のため一般は観戦できない。 

 開会式や入場行進はなく、午前9時から開幕試合の南部龍神―耐久を前に「開始式」をした。県高野連の伊藤誠悟理事長が開会宣言をし、愛須貴志会長が「一投一打に思いを込め、全ての人に感謝しながら心から高校野球を楽しみ、県下に感動を与えましょう」と選手たちに呼び掛けた。

 南部龍神の高垣公彰主将は「当たり前にできていた野球ができず、仲間に会えない日々を経験する中で、周りの方々の支えがあって野球ができると改めて感じました。紀三井寺球場に立っていることに誇りを持ち、感動を与えられるように最後まで諦めず、全力プレーで正々堂々と戦うことを誓います」と、力強く選手宣誓した。

 引率教員やベンチ外の選手、チームの保護者以外は観客を入れずに実施。点差によるコールドゲームは7回以降、7点差以上。延長タイブレークは、10回から無死一、二塁で始まる。投手は「1週間500球」の投球制限を導入する。登録選手数は1チーム20人以内で、登録選手は試合ごとの変更を認める。

 代替大会については、5月20日に今夏の甲子園大会と地方予選の中止が決まってから、県高野連が協議して6月9日に開催を決めた。新型コロナによる休校で練習ができない日が続いたが、県内の多くの高校は6月から練習や試合を再開。野球に打ち込んできた3年生にとって高校最後の晴れ舞台を迎えた。 ◇

 元高校球児による野球大会「マスターズ甲子園」の和歌山支部(土橋義紀会長)は、県高野連に20万円を寄付した。寄付金は支部に加盟する県内17高校のOBチームなどから集まった。県高野連は、大会で使用する試合球の購入費や、経口補水液の購入費に充てるという。

コロナ感染対策で観客の入場制限をした球場(18日、和歌山市の紀三井寺球場で)