イージス撤回に秋田で喜びの声

配備候補地で「市民報告会」

©一般社団法人共同通信社

秋田市で開かれた「さよならイージス市民報告会」=18日午後

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の計画断念を受け、配備候補地だった秋田市で18日、「さよならイージス市民報告会」が開かれた。配備が争点となった昨年の参院選で、野党統一候補として反対を訴え初当選した寺田静参院議員らが出席、市民と計画撤回を喜び合った。

 計画に反対していた市民団体が主催。寺田氏の夫で衆院議員の学氏や地方議員、反対運動を続けてきた新屋勝平地区振興会の佐々木政志会長が、それぞれの立場から計画が表面化して以降の約2年半を振り返った。

 寺田氏は「選挙から1年もたたないうちに反対の思いが実るとは思わなかった」と語った。