高校生アスリート 夏の熱戦幕開け 沖縄県独自に総体30競技

©株式会社沖縄タイムス社

スタートと同時に一斉に飛び込む男子200メートル個人メドレー決勝の選手たち=18日午後、那覇市・奥武山プール(国吉聡志撮影)

 県高校総合体育大会(主催・高体連)が18日、県内各地で開幕し、初日は相撲やカヌーなど10競技で高校生アスリートが熱い戦いを繰り広げた。8月3日まで、調整中のラグビーを除く30競技が実施される。

 新型コロナウイルスの影響で全国総体が中止となる中、高体連は例年より2カ月ほど遅らせて県独自の総体を実施。各会場では検温を義務付けるなど、感染予防ガイドラインに沿った対策が取られた。

 県高体連の上地勇人会長は「県総体の開催にこぎ着けられたことは各専門部の努力のたまもの」と関係者の尽力に感謝。その上で「生徒にとってはこれまでの練習の成果を発表でき、私たちも元気をもらった。無事に最終日まで何事もなく終えられるようにしたい」とコメントした。