NEWS、3人の「生きろ」熱唱に反響 増田のソロ、舞台照明に「これは泣く」

©株式会社ジェイ・キャスト

2020年7月18日に9時間半にわたって放送された特番「音楽の日2020」(TBS系)に出演したアイドルグループ・NEWSのパフォーマンスに注目が集まっている。

NEWSが音楽特番で「生きろ」を歌唱

元メンバーの手越祐也さん(32)が6月にジャニーズ事務所を退所し、小山慶一郎さん(36)、増田貴久さん(34)、加藤シゲアキさん(33)の3人となって約1か月。番組では加藤さん主演のドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」(日本テレビ系)の主題歌にもなった「生きろ」(2018年発売)を生放送で披露した。

舞台照明が4人のメンバーカラーに

NEWSの歌唱前、MCの中居正広さんに「大丈夫?」と声を掛けられた増田さんは「大丈夫です。しっかり3人で立っていこうと決めています」と返答。中居さんが続けて、

「スピードもあるでしょうし、環境とか気持ちの問題もそうだと思うけど、整理はちゃんとつけたのかな」

と聞くと、増田さんは「ちゃんと前を向いて一歩一歩、歩いて行こうと思います」、加藤さんは「なによりも心配かけたのはファンの方々だと思うので、その方々に向けても今日は歌っていけたら」と力強く応じた。

そして「NEWSならできる!」と中居さんに激励され、ステージに向かった3人。披露する楽曲「生きろ」は、主演の加藤さんに加え、手越さん、小山さん、増田さんと当時のメンバー全員が出演していたドラマの主題歌だった。

パフォーマンスの中でも注目を集めたのは、楽曲後半のサビ部分。かつては手越さんと増田さんが分担して歌うソロパートだったが、今回は増田さんが一人で歌いきった。

また、この場面でステージ上の照明は紫から手越さんのメンバーカラーのピンクへ転換。3人のメンバーカラーである緑(加藤さん)、黄色(増田さん)、紫(小山さん)のスポットが差し込む演出となっていた。

増田さんの歌唱中、小山さん、加藤さんは後方を振り返り増田さんを見守るような形に。ツイッターではこのサビ部分が話題になったことで「#生きろ」「まっすー」(増田さんの愛称)がトレンド入りした。

三浦春馬さん死去で「『生きろ』が異常なくらい心に染みる」

サビのパフォーマンスや演出に対し、ツイッターでは、

「ソロは圧巻だったね。めちゃくちゃ伝わったわ」
「3人が手越さんカラーに包まれてる これは...泣くよ」
「もともと生きろってメッセージ性が強い曲だけど、今回のは3人の気持ちと重なってる感じがしてこっちが泣きそうになった」

といった声が寄せられている。

また、同日は俳優の三浦春馬さん(享年30)が急逝したと報じられていた。視聴者の中には楽曲から三浦さんに思いを馳せた人も見られ、

「NEWSの『生きろ』は3人になった新生NEWSの決意表明みたいな歌だったかもしれないけど、今日ばかりは三浦春馬君のことばかり考えてしまう」
「三浦春馬の速報があるから、いま流れてるNEWSの『生きろ』が異常なくらい心に染みる」
「今回は三浦春馬さんの死去もあり生放送で少し影響された感じもまた考え深かった」

といった書き込みが相次いだ。