【プレミアリーグ】公式戦無敗がストップしたユナイテッド…スールシャール監督は敗因を分析「戦術が上手くいかなかった」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、チェルシー戦の采配が上手くいかなかったと認めた。

【FAカップ】チェルシーが好調ユナイテッドを撃破!決勝はアーセナルとのダービーに

FAカップ準決勝で3連勝中のチェルシーと対戦したユナイテッドは、終盤の反撃も実らず1-3で敗戦。公式戦負けなしが19でストップし、同試合ではポグバ、マルシアル、グリーンウッドなど攻撃陣をベンチに置き、普段とは違う3バックを採用していた。またスールシャール監督は、チェルシー戦から数日後に行われるプレミアリーグ第37節ウェストハム・ユナイテッド戦を意識してスタメンを組んだと語っている。

【FAカップ】4シーズン連続でビッグマッチが実現!チェルシーに今季3勝しているユナイテッド優位か 〜準決勝プレビュー〜

「カップ戦を突破してウェストハム戦の準備ができるように、可能な限り最高のチャンスを与えられるチームを選んだ。今日はそうはならなかった。エリックが負傷しハーフタイムに変更しなければならなかったが、それはウェストハム戦に向け優位に働くだろう。それに次の試合でいい仕事をすれば、レスター戦前に良い状態になるだろう。学ぶべきことはたくさんあるが、私たちは成長している。今日は敗北したが、ウェストハム戦でどうなるかみてみよう」。

チェルシー戦敗北を分析するスールシャール監督