金が最高値更新、6937円

コロナ不況で安全資産に需要

©一般社団法人共同通信社

重さ1キロの金地金

 国内の金小売価格が21日、約1週間ぶりに過去最高値を更新した。指標となる地金大手、田中貴金属工業(東京)の販売価格は1グラム当たり前日比34円高の6937円となった。

 新型コロナウイルス感染が全国的に拡大し、死者数は前日に千人を超えた。治療法は依然確立しておらず不況が長引くとの懸念から、有事の安全資産とされる金の需要は国際的に増えている。

 金の小売価格は国内外の需要に応じて営業日ごとに変わる。