白石聖が連ドラ初主演! オカルト漫画の金字塔「恐怖新聞」が映像化

©株式会社東京ニュース通信社

白石聖が、8月29日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「恐怖新聞」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)で主演を務めることが分かった。1970年代にオカルトブームの火付け役となった漫画家・つのだじろう氏によるオカルト漫画の金字塔を、「リング」などを手掛けてきたジャパニーズホラーの名手・中田秀夫監督が映像化。多数のホラー小説を生み出してきた小説家・乙一氏がシリーズ構成を務める。

白石が演じるのは、京都市内の大学に通う女子大生・小野田詩弦。念願の1人暮らしを始めた途端、読むと寿命が縮む“恐怖新聞”が届くようになる。最初はいたずらだと思っていた詩弦だが、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こり、前途洋々の大学生活が死と隣り合わせの悪夢へと一変していく。また、恐怖新聞の存在を知ることにより、独自の思惑で動きだす詩弦の母・小野田歌子を黒木瞳が演じる。

今作が連ドラ初主演となる白石は「オファーをいただいた時は、素直にすごくうれしかったです。ただ、連続ドラマ初の主演で、ホラー作品も初めてなので不安もあります」と期待と不安を抱きつつ、「脚本を読み進めるうちに、『あ~、やっぱり~、どんどんそんな方向に行っちゃうじゃん』という“止まらない負の連鎖”で気分が沈みました。原作より恐怖感が強いと思います」とアピール。

また、「巻き込まれていく役なので、周りの方のお芝居に影響されていくのかなと思います。会話のキャッチボールをしっかりやっていきたいです。また、見ている方が私と一緒に驚いてもらえるように、息遣いや表情を意識することでホラー表現の引き出しを作っていきたいです。撮影は京都で行われるので、日本の古き良き建物の外観や風景が、ホラーとの親和性を生んでくれたら、より面白い作品になるのではないかなと思います」と意気込む。

中田監督については、「お仕事をご一緒したい方がたくさんいる中で、ご縁あって自身初のホラー作品を撮っていただけるのでとてもありがたいです。役作りに関しては『夜遅い時間帯なので、すっきりとした分かりやすい芝居をしましょう』というアドバイスをいただきました。指示がすごく的確で分かりやすく『ついていこう!』という感じです」と全幅の信頼を寄せる。

さらに、「見どころはたくさんありますが、詩弦が『自分が存在している意味は何だろう』と葛藤しながら成長していく姿もその一つです。最終的には共感してもらえるような、目が覚めるようなお芝居ができればと思っています。そして『毎週怖いけどなんか見ちゃうんだよなぁ』と言われるような作品にしていきたいです。恐怖新聞が届く時間帯にドンピシャでお届けできるので、ぜひ楽しみに待っていてください」と力強くアピールしている。

そんな白石の母親役を演じる黒木は「中田監督とご一緒させていただくのは4作目になるので、もう台本を開く前にOKを出しました」と出演を快諾したとのことで、「白石さんとは初めての共演となりますが、監督には絶対の信頼感があるので現場に何の不安もないですね。ある意味アットホームな雰囲気なので、親子役もあまり違和感なく普通に入っていけました。やっぱり監督の持つ雰囲気作りっていうのがあるんですね。ほどよい緊張とほどよい安心感で、意外と役に没頭できます」と明かす。

そして、「プロデューサーが『この作品は3Kだ』とおっしゃっていて。恐怖・ケレン味・共感のことなのですが、それを聞いて、『あーなるほど、こういうものをお届けする作品なんだ』とストンと落ちてきました。この『恐怖新聞』で皆さんに3Kをお届けできるよう、しっかり演じたいなと思っております」とコメントしている。