ユナイテッドに恨み節?モイーズ 「スールシャールには猶予がある」

©株式会社コリー

今シーズンも残りわすかとなったプレミアリーグ。マンチェスター・ユナイテッドは第37節でウェストハムをホームで迎え撃つ。

残留を目指しているハマーズを率いているのは、デイヴィッド・モイーズ監督だ。『Daily Mail』によれば、古巣との対戦を前にこう述べていたそう。

デイヴィッド・モイーズ(ウェストハム監督)

「素晴らしいクラブであり、輝かしい場所だ。私にとっては、世界最大のクラブだ。

あそこに行くのはいつだって特別だし、凱旋を楽しみにしている。

オレ(オレ・グンナー・スールシャール監督)は難しいスタートになった。

だが、オレと私で異なるのは、彼には時間(的猶予)が与えられているということだ」

「彼はアカデミーから選手を引き上げている。それはマンチェスター・ユナイテッドが常に支持してきたことさ。

彼らは本当にエキサイティングな若手選手を保有しているよ」

モイーズはサー・アレックス・ファーガソンの後任としてユナイテッドと6年契約を結んだものの、一年持たずに解任されている。

ちなみに、モイーズのユナイテッドでの勝率は52.94%(51試合で27勝9分15敗)。スールシャールは85試合で勝率54.12%だ(46試合19分20敗)。

かつてユナイテッドでプレーした香川真司はモイーズのもとでは得点なしだったが、ファーガソンのもとではこんな圧巻ゴールを叩き込んでいる。

動画を見たい場合はここをタップ!

ウェイン・ルーニーとのホットラインは何度見ても胸熱!

【関連記事】ユナイテッド、この10年の「最悪の補強」ワースト10

注目のユナイテッド対ウェストハム戦は日本時間23日の午前2時にキックオフされる。