長崎県 IR公募延期も 定例会見で知事が言及

©株式会社長崎新聞社

 政府、与党がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備を巡り、来年1~7月の予定としてきた自治体からの申請受付期間を延長する案を検討していることを受け、中村法道知事は21日の定例会見で、今月末を予定していたIR事業者の公募開始を延期する可能性に言及した。
 IRの選定基準を定めた基本方針は、IR整備法の公布から2年となる26日を前に策定される見込みだったが、一部報道では新型コロナウイルスの影響などで時期は「未定」とも報じられている。県はIR事業者の公募を今月末に開始する方向で準備を進めていた。
 会見で中村知事は「最終的な申請受付期間が動くのかどうかを見極めながら手続きに入らなければならない」とし、「場合によっては(IR事業者の公募開始が)少し後ろ倒しになる可能性もある。国の動きを把握し情報を集めたい」と述べた。