ANA、エアバスA380型機「フライングホヌ」の遊覧飛行を実施 成田発着で約90分飛行

©Traicy Japan Inc,

ANAグループは、エアバスA380型機「FLYING HONU(フライングホヌ)」のテスト飛行を利用した遊覧飛行を、8月22日に実施する。

成田空港を出発し、約90分間のフライトを楽しむもの。集合時刻は午前11時から午後0時30分頃で、午後2時頃に出発し、午後4時頃に到着、解散する。機内では飲み物のサービスを行う。搭乗証明書、HONUリュック、バゲージタグ、エコセットなどの記念品をプレゼントし、ファーストクラスとビジネスクラス利用者には、ANA旅行券5,000円分も用意する。また、全員に380マイルを付与する。

ファーストクラス利用者には「グローブ・トロッターのアメニティポーチ」と「Hydro Flask ANA HAWAiiボトル&キャップセット」、ビジネスクラス利用者には「フレッドシーガルコラボレーションアメニティキット」と「Thermo mug FLYING HONUアンブレラボトル」、プレミアムエコノミー利用者には「FLYING HONU」デザインのエコバッグ、アロハシャツ着用の人と子供には「FLYING HONU飛行機風船」をプレゼントする。

旅行代金は、ファーストクラスは50,000円、ビジネスクラスは窓側35,000円・通路側30,000円、プレミアムエコノミーは窓側25,000円・通路側20,000円、エコノミークラスは窓側19,000円・窓側(翼の上)17,000円・通路側14,000円となる。

ファーストクラスとビジネスクラス、プレミアムエコノミーの窓側は最大2名まで、プレミアムエコノミーの通路側は最大3名までの申し込みとなる。エコノミークラスは2名以上6名以内での申込みを受け付ける。カウチシートの指定はできない。機内販売を行っている、「HONUぬいぐるみ」の購入もできる。

申込期間は7月22日午後1時から27日午前9時まで。申し込み多数の場合は抽選となる。